破産の手順にしたがって申し立てる人は第一に申請書類を申請人の住居地を担当する地裁

破産の手順にしたがって申し立てる人は第一に申請書類を申請人の住居地を担当する地裁へ送ることから始まります。 申請人が提出した申立書が来ると地方裁判所は許可をするのがよい理由があるか否かを調査することとなり審査の終わった後 …Read More


第一に、自己破産を手続きするまで個人に対する電話使用の借金回収と、負債のある本人

第一に、自己破産を手続きするまで個人に対する電話使用の借金回収と、負債のある本人の住所への訪問による徴集は法律違反というわけではないということになります。 また、破産申請の手続きに進んでから実行までに無駄な時間が費やされ …Read More


第一に、一般の人が破産を要請するまで負債者人に対しての電話使用の借金回収と、返済

第一に、一般の人が破産を要請するまで負債者人に対しての電話使用の借金回収と、返済者個人の家への直接訪問での徴収は違反とはいえないということです。 自己破産申請の手続きに入ってから申し立てまでに無駄な時間が費やされてしまっ …Read More


自己破産を端的に説明すると、端的に定義すると債務返済が不可能になったという判断を

自己破産を端的に説明すると、端的に定義すると債務返済が不可能になったという判断を受けた時に債務をもつ人が手にしているほとんど全部の家財(生活していく上で最低限欠くことのできないものだけは保有を許されている)を失う一方でほ …Read More


自己破産の申告は、原則的に弁済不可能の判定を受理した借り手が所有している財産(生

自己破産の申告は、原則的に弁済不可能の判定を受理した借り手が所有している財産(生活していく上で必須なものは保持することを許されている)を没収される代償に、累積した返済義務が取り消しとなります。 破産を行った後に働いて得た …Read More


破産の申立ては端的に定義するならば返済不能の認定を受理した時に借入者が保持するほ

破産の申立ては端的に定義するならば返済不能の認定を受理した時に借入者が保持するほとんど一切の私有財産(生存上なくてはならないものだけは持つことを許可されている)を奪われてしまう交換条件として、積み重なった返済義務が無効と …Read More


民事再生による解決はマンション等のローンを含めた多重債務に苦しんでいる利用者に対

民事再生による解決はマンション等のローンを含めた多重債務に苦しんでいる利用者に対してマンションを手放すことなく金銭管理において再生するための法的機関を通した債務の整理の手段として平成12年11月に利用できるようになった制 …Read More


任意整理とは一般には債務整理というふうにも呼ばれておりそれらのお金の貸し手に借金

任意整理とは一般には債務整理というふうにも呼ばれておりそれらのお金の貸し手に借金の返済を行っていくことを前提とした債務の整理の方法のことです。 普通の流れは司法書士事務所とか弁護士事務所お金の貸し手と借り手の仲介役として …Read More


特定調停による方法も任意整理による解決と似ていて、それぞれの債権を有する者への支

特定調停による方法も任意整理による解決と似ていて、それぞれの債権を有する者への支払いを続けることを前置きとした債務の整理の手だてとなります。 分かりやすく説明すると裁判所が処理する借金整理といえるでしょう。 特定調停によ …Read More