破産の申立ては端的に定義するならば返済不能の認定を受理した時に借入者が保持するほ

破産の申立ては端的に定義するならば返済不能の認定を受理した時に借入者が保持するほとんど一切の私有財産(生存上なくてはならないものだけは持つことを許可されている)を奪われてしまう交換条件として、積み重なった返済義務が無効と …Read More