自己破産の手続きにしたがうなら、申し立てる人は最初に申請書を住む場所を担当する地

自己破産の手続きにしたがうなら、申し立てる人は最初に申請書を住む場所を担当する地裁に届け出るということになります。申立人による申請書があると担当者は、自己破産の認可をするのが望ましい原因が存在するか否かなどということを調べる流れになり、審理の結果申請人に支払不能な状態など破産受理の要因が十分備わっている場合は破産申請の承認がなされることとなります。

とはいっても破産申請の許諾がおりても、それだけですと返済義務がなくなったことになりません。次は免責の決定を求めることが必要なのです。免責という言葉は破産の手続きの際に借金返済ができない申請人の返済額について、裁判所で義務を消すことです。※簡単に言えば債務をゼロに戻すことです。免責においても、自己破産の承認の手続きと同じで審理がおこなわれ、検討の末、免責の承認がおりたとしたら自己破産者は債務から自由になることになり返済額は消滅になります、そして、自動車ローンやカードが使えなくなることを除いて破産認定者が被るデメリットから解放されることになるのです。

このとき、免責非承認(返済をゼロにしてもらえない)という決定がされると債務くわえて自己破産認定者へもたらされるデメリットはそのままになります。破産の法律の免責制度はどうしようもない原因で債務を抱えて、苦境にある方々を救い出すためにあるシステムです。ですから、貯金を秘密にして自己破産申立の実行をしたりするなど裁判所に向けて不正な文書を届け出るなどの制度を悪用しようとする人であるとか、ショッピングなどの浪費によって借入を負うことになった人々には、破産の許可プログラムを停止したり、免責申請が許されません。法律では、免責の許可を受けることが不可能な理由を先に出した事例以外でも用意していてそのことを免責不許可事由と呼んでいます。