私の一番の悩んだ取立てがストップさせることができた!

借金で一番胃の痛いだったキャッシング会社の取立てを止めさせることができた僕の話です。わたしは大手企業の工場の派遣で勤務しているのですが、収入はたった190万円ほどしかならないのが現状です。月の私の給料はおよそ15万くらいなので、アパートの賃貸料や水道光熱費、家計費にもろもろの経費で賄うと、毎月苦しくてギリギリの額でしのいでいます。そういった事がきっかけで、必要が時に限ってカードキャッシングの借金をずるずると繰り返してきてしまいました。いくらかでも利息負担を減らしたかったと考えてたので、はじめての借入れで約ひと月無利息期間があるという金融業者を片っ端から僕は借りていってしまいました。給料がそんなに多くないといった理由で、各1社あたりの借り入れ金額は大体10万円の範囲に止めていますが、けれど、実際、元本にして60万円になり、利率を合わせると100万円前後の金額に膨れたことと、1か月ごとのカード返済額も4万円になってしまい、返していくことが困難な状況になってしまいました。

今借り入れているローン会社は合わせて6社になります。それらの業者から借金返済のせまる旨の葉書や直接の電話が、ずっと入ってきたので、きちんと返済できない自分が一番悪いのだとはいえいいかげんうんざりしてしまいました。シフトを終えて、ケータイを確認してみると恐ろしい数のカード業者からの電話があり、そうしているうちに電話の毎月の料金も払えなくなってきてつながらなくなると、勤務先の工場にまで乗り込んで来るカード会社の人間もちらほら現れるようになりました。これが長く続くようなら仕事をしていくことも難しくなると思い、地元の司法書士に借金の経緯を話をし、債務整理の措置をすることに踏み切りました。この日から少し経ってからのことです。司法書士事務所が受忍通知をカードローン業者へ送ってからというもの、どこの金融会社からも強引な取立て 取りたてをおさまりました。信じられないくらいにぴたりとおさまって何よりホッとしました。

それだけでも、ぼくは救いで、その後の返済方法や、この先どんな感じで生活をしていけたらいいのかについて真剣に向き合う貴重な時間を持つことが出来たのでした。そんな中、司法書士が1社ずつ任意整理の掛け合いをしてくれて、利子を減削して、カードローン返済金額を減額の話を取りまとめてくれて本当に安心しました。おかげ様で月々のキャッシングローン返済額は半額に減らす出来て、大変だったけれどやっと生きる目標をついてきました。こんなに急激に現状がリセットできるのなら、もう少し早く司法書士の先生に返済の相談に行くべき良かったと強く思いました。キャッシング問題は、まず行動していくことでクリア出来るのです!是非法律の専門家や司法書士事務所へ事情を相談してみてください。