破産許諾を受けた場合に、失うもの(デメリット)があるのかは破産を考慮した方にとっ

破産許諾を受けた場合に、失うもの(デメリット)があるのかは破産を考慮した方にとって九分九厘得ておきたい内容でしょう。

次に自己破産宣告者の被る不便に関しての項目を箇条形式にします。

・公的機関の破産者の名簿に書かれます。

※国の本人証明書を交付するための文献だから一般の人は閲覧することができないですし免責の許諾がされれば取り消しになります。

・官報で公にされる。

※通常の新聞とは違って大抵の書店では販売されていませんしほぼすべての人達には関係のないものだと言えるでしょう。

・公法上の資格制限。

※自己破産者になったとすると法律専門家、会計士、税理士など資格者は資格失効になるので業務をすることができなくなります。

・私法でのライセンス制限。

※自己破産認定者は後見人、遺言執行人などになることが認められません。

他にも、合名会社、合資で作った会社のワーカーなどと株式形式の会社、有限の企業の取締役、監査役の人の場合は退任要因になってしまいます。

・携帯ローンやクレジット機能を活用することが不可能になります。

加えて、破産管財人事件には次のような制限が加わります。

・当人の財産を好き勝手に利用、売却することが許されなくなります。

・破産管財役や債権保有者組織の要求によって回答をすることが求められます。

・地方裁判所の認定をもらわずに住所の転居や長期の旅行をしてはいけません。

・地方裁判所が緊急だと許可した状況では身体を捕まえられる場合もあります。

・送付品は破産管財役に送られ、破産管財人は転送された郵便物を開封できます。

上記以外の破産となった人の損失に関する通常誤解を受けている項目をリストにしてみました。

1戸籍情報および住民票においては記述されません。

2勤め先は自己破産したことを理由に解雇することは許されません。

※通常、本人が告白しないかぎり雇用主にばれることはないです。

3選挙権限や選挙に出る権利などの公民権は止められません。

4保証人になっていないなら血縁者に支払い理由は認められません。

5必要最小限の生存に不可欠な家財一式(パソコンテレビを含めて)着用品などは差し押さえ対象外です。

自己破産者の不利益に関連して列挙しました。

破産の申し立てをすることで負債は無かったことになりますが、上記のような不利益もあります。

自己破産を実行する上で有効性もデメリット真剣に思案した方がよいと考えます。