破産での手続きによると、申立人はまずは申請書を申し立てる人の住む場所を担う地方裁

破産での手続きによると、申立人はまずは申請書を申し立てる人の住む場所を担う地方裁判所へ届けることが基本です。申し立てる人から申立書類があったら地方裁判所は破産申立の許可をしなければいけない要因があるかどうかなどといったことを調べることになり、判定の終わったとき返済不可能な状態というような必要条件が備わっていた場合、破産の承認が下されることになります。しかし自己破産申請の決定があっても、それだけだと債務がゼロになったということにはなりません。今度は免責の判定を求める必要性があります。免責というのは破産申請の手続き上において返済することが不可能な申立人の借入に関しては、法律がその責任を消すことです。※要するに債務をゼロにすることです。免責に関しても決定の場合と同じように地裁で診断がおこなわれて、診断のあとに、免責の認可が得られたのなら、申し立て者は借金から免れることになって負債は帳消しとなって、その後カードローンやクレジット払いが利用できなくなることを除いて、破産者が受ける不利益から免れるのです。ところで、免責拒絶(義務を無しにしてもらえない)という決定がされると債務とにもたらされるデメリットは消えないことになってしまいます。法律の免責システムはどうにもならない事情で借金を抱え、苦しみもがく方を助けだすためにある制度です。だから財を無いことにして自己破産申立の実行をしたりといった、国に対し偽の証拠を届けるなど破産制を悪用する人や、賭け事やショッピングなどの無駄遣いによって債務を作った方々に関しては、破産の許諾プログラムを凍結したり免責手続きが不許可になります。法的には、免責の許諾をもらう資格が認められない場合をさっき説明した例以外にもいくつも設定されており免責の不許可事由と呼びます。