特定調停による処理も任意整理による解決と似ていて、それぞれの債権を有する者への借

特定調停による処理も任意整理による解決と似ていて、それぞれの債権を有する者への借金の返済を継続することを前もって決めた借金を整理していく選択です。わかりやすくいうならば裁判所が関係する負債の整理と考えればいいでしょう。

特定調停も任意整理による方法と似ていますが、破産手続きと異なり一部の借金だけをまとめていくことが可能ですので、連帯保証人が関与している借金以外だけで処理していく場合やクルマのローンを除き手続きをしたい場合などにおいてでも用いることができますし財産を放棄することが求められていないため、戸建て住宅などの財産を持っているものの処分してしまいたくない場合においても活用可能な借金整理の手順です。今後の返済に必要となる額と実際の収入を比較検討してだいたい返済が見通せるようならばこの手続きで進めることは可能ですが、破産とは異なって返済義務自体が消えてしまうということではありませんので、借りている合計が大きい場合などは残念ながらこの方法での選択肢を選ぶのは難しくなるということがいえるでしょう。

さらに、この方法だと国の機関が中に入るため司法書士等にゆだねなくても立場が弱くなってしまうことはないという点や諸経費をおさえられるというメリットは注目できますが、貸方からの督促に対して債務者自身が回答しなくてはいけないことに加え裁判所に何回か足を運ぶことになるなどといったデメリットもあります。さらには、任意整理による解決との比較点ですが、この方法により同意が得られない場合は利子をそのままの形で渡していく必要がある点や結果としては債権者に支払っていく金額が任意整理による手続きと比較して割増しになる傾向がある等の留意点もあります。