民事再生による解決はマンション等のローンを含めた多重債務に苦しんでいる利用者に対

民事再生による解決はマンション等のローンを含めた多重債務に苦しんでいる利用者に対してマンションを手放すことなく金銭管理において再生するための法的機関を通した債務の整理の手段として平成12年11月に利用できるようになった制度です。

破産のように免責不許可となる要素がなく、ギャンブルなどで借金をしたような場合においても申請はOKですし、破産申請をした場合は業務が不可能になる業界で収入を得ている場合等でも民事再生手続きは可能です。

破産申告では住んでいる家を手元に残すことは無理ですし任意整理等では元金は払っていかなければなりませんので、住宅のローンも払いながら支払うのは多くの人にとっては簡単ではないと思われます。

ただし、民事再生という処理を取ることができれば、住宅ローンなどを除いた負債はけっこうなお金を減ずることもできますので、余裕を持ちつつ住宅のためのローンを返済しながら残った借金を返していくことができるということなのです。

しかし、民事再生による解決は任意整理または特定調停とは異なりある部分のみの負債を省いて手続きしていくことは考えられませんし破産申請におけるように元金自体が消滅するのでもありません。

さらには、別の解決手順と比べてある程度こみいっていて時間が必要ですので、住宅ローン等を持っていて住んでいるマンションを手放せない時など以外において破産等の他の方法がない場合のあまり優先したくない手続きとみなした方がいいと思います。