民事再生による整理はマンション等のローンも含む複数の債務に苦しめられている方々を

民事再生による整理はマンション等のローンも含む複数の債務に苦しめられている方々をターゲットとしてマイホームを維持しつつ金銭管理の面でやり直すための公の機関を通した借金整理の方法として適用された手段です。民事再生制度には、自己破産とは異なり免責不許可となる要件がなく、浪費などで借りたような場合も民事再生は選択可能ですし、破産申請が理由で業務ができなくなる危険のある資格で仕事をされている場合などでも手続きは行えます。

破産の場合はマンションを残すことはできませんし特定調停等ではやはり元金は払っていくことが要求されますので住宅ローン等も支払いながら支払うことは実際問題として簡単ではないと思われます。民事再生という方法を取ることができれば住宅のためのローン以外での負債は相当なものを減額することもできますので、余裕がある状態で住宅ローン等を返しながら残った債務を払い続けるようにできるといえます。

とはいえ、民事再生という手段は任意整理と特定調停といった処理とは異なってある部分のみの負債だけを除き手続きを行うことは許されませんし破産申請に適用されるように返済義務それ自体なくなるわけでもありません。さらに、それ以外の選択肢と比べると複雑で手間が必要ですので、住宅ローンなどを組んでいて住宅を維持していきたい状況等以外の、自己破産等のその他の方法がとれない場合だけの最終的な解決策と考えた方がいいでしょう。