新聞の宣伝、タブロイド紙、街中に貼られた宣伝や郵便広告で「多重借金の整理いたしま

新聞の宣伝、タブロイド紙、街中に貼られた宣伝や郵便広告で「多重借金の整理いたします」「多重借金をまとめたくないですか」と書かれた惹句を目にすることがしばしばです。

それらは、「整頓屋」「買取業者」「紹介人」という通称の企業の広告のときも存在します。

利用したケースでは自己破産プロセスの中で一番重要な免責決定をもらえない危険性もありえます。

「片付け屋」では広告などで負債者を呼び出し、高い代金を要求して負債整頓をしますが本当は負債整頓はされず、債務人はさらに負債地獄に落ちる失敗がすべてと考えてください。

「買取業」は債務人の借金で、デジタル用品、何らかのチケットなどを限界まで注文させて当人からそれらの品々を販売額の3割ー額面半額で受け取るという手法を使っています。

債務人は一時的にはお金がもらえますがそのうちクレジット業者から買ったものの完全な支払い要求が届くことになり、本当は借金を悪化させる結果となります。

このケースだとクレジットカード会社相手の詐欺に当たるということになって免責が手に入れられなくなります。

「紹介業者」とは、大企業の貸金業者から拒絶されるようになった負債人に関して業者として提供はせずに、貸出を可能な貸し手を知らせ、高すぎる紹介料を受け取る業種です。

つなぎ屋は自分の手続きで融資できたという口調で会話しますが実際には何もしていなくて、規程の通りやすい会社を説明しているというだけです。

このときも現実には借金を増加させる結果に終わります。