債務再調整により払いすぎた分が戻った私自身の事例

過払いした分と法律を専門とするオフィスにつきわたくしの体験した話です。債務対策の一つのメゾッドである過払いした分を注文可能という事は、近頃そこらじゅうでCMされているので存じ上げてはいたのです。自分自身も何年か前までは、4分の1くらいの利子でキャッシングを使用し続けて来たため、それなりの過払いしたお金を催促する事ができるのが可能に違いないだろうと考えていたのですが、どのようにし色々な手続きを実施したら良いか知識が無かったためにあきらめていました。ですが、友がある法律専門事務所を通じて過払いしたお金を払いもどしていただく事が可能だった事を知ったために、わたくしもインターネット上によって法律専門事務室を探し過払い金の要求を実行にうつしてみることにしたのですよ。

わたくしが見付けだした法律を専門としてるオフィスの場合では、最初にどうした債務があったのかと言うことをくわしく説明をおこないました。そして、だいたい5年を超える年月にわたり借金を償却してきましたけれども、一部はお金を払い過ぎている可能性が存在しうる事が明らかになったのです。この法律事務所だとひと月に一千件以上の払い過ぎた分の催促を行なわれている為に、自身も払い過ぎた分が償還されて可能性が存在するといった希望が出てきました。法律事務室の人のお話だと、50%程度の確率ですけれども、努力して頂きますというお話でした。

最終的に、私のケースでは手数料金を差し引いて、20万近くの過払いした額が返ってくることになったのです。これは天運でしたね。さらには、こちらにある二十万を残りの債務に宛てる事によって、負債の総額を思いきり減らす事が可能となりましたね。債務のトータルの金額が少なくなると、金利分も言うまでもなく目減りしていきますんで、月ごとの返済が少々楽ちんになってきましたね。

断念していた払いすぎた分の請求なんですけれども、あきらめると勿体ないというのが答えになりますね。法律専門事業所の方のお話だと、5年もの長い間にわたって債務を返済しつづけている人は、過払い金が生まれてる可能性が大きいと言うお話でしたね。このように借金さまざまな問題は、対処が十分に可能となるのですよ。おひとりで悩まれているのはなんとも勿体無いので、弁護士や司法書士等のプロフェッショナルの方に対し相談なされて下さい。