借金の整理で過払い分が返還されたわたしの場合

過払いした分と法律事務所についての私の経験したことです。債務の再調整のひとつの手法である過払い金を要請可能という事実は、最近はそこら中でCMなされているためにぞんじあげていたのです。わたくしも何年か前までは、4分の1くらいの利子で前借をやり続けてきたため、相応の過払いした金額を督促する事ができるのに違いないだろうと考えていたんですが、如何様にして色々な手続きを実施したら良いかわからなかったためにあきらめていたのです。ですけれども、友人のひとりがとある法律を専門とする事業所を通して過払いした分を返還して貰う事が可能だった事を知り、私でもオンラインにより法律を専門としてる事業所を調査し過払い金の要求を実行に移してみる事にしたのです。

自身が発見した法律を専門にしてる事務室の場合だと、まずどうした債務が存在したのかと言うことを綿密に説明しました。そうした結果、だいたい5年を超える年月にわたって借金を返還してきましたが、そちらの一部は過払い金の可能性が存在しうる事が分かりました。この法律専門事務室では月当たり1000件以上の払いすぎたお金の催促を行っているので、自分も過払い金が返還されて可能性が存在すると言う目処が出てきました。法律を専門とする事業所の人のご説明では、50パーセンテージ位の可能性になるけれども、尽力していただきますということでした。

結果として、わたくしの件は手数料金を差し引きして、二十万くらいの過払いした額が戻ってくる事になったのです。このことは天恵でしたね。そして、こちら20万円を残部の借金に対し宛てていくことで、借金のトータルの金額を相当減らすことが出来ましたね。債務の総額が少なくなっていくと、金利の分も当たり前に減少していきますんで、月々の返還義務が少々楽チンになりました。

あきらめてしまっていた払いすぎたお金の請求なのですけれども、断念してしまうともったいないと言う事が出した結論ですね。法律を専門としているオフィスの方々の言葉ですと、5年もの長い間に渡り負債を返済しつづけておられる人ですと、過払いしたお金ができてる見込が存在してると言うお話でしたよ。この様に借金さまざまな問題に関しては、解決していくことが十分に可能なのですよ。一人だけで悩んでいることは何とももったいないことなので、弁護士や司法書士等法律分野の専門の先生に対して相談なされて下さいね。