任意整理とは一般的には負債の整理というようにも呼ばれており、それらの貸し手に対し

任意整理とは一般的には負債の整理というようにも呼ばれており、それらの貸し手に対して借金の支払いを行っていくことを選ぶ借金を整理する手だてのことです。実際の流れですが、債務処理経験のある司法書士や弁護士の有資格者債権を有する者と借り手との仲介をして相談し利息を定める法律にかんがみて利息の再適用を行い再計算した借りたお金の元金にかかってくる利子をカットしたことにより3年くらいの期間で返済を行う借金整理対策です。任意整理にはいわゆる裁判所などといった公的機関が管理しないためにこれとは異なる処理と比べたときに、採用した際におけるデメリットとなる点がほとんどなく、手続きは依頼者にとって問題になることがないので、ここから選択する必要がある方法ということになります。
さらに、お金の貸し手がサラ金業者みたいな法外な借入金利ならば利息制限法という法律で決められている金利以上に払い込んだ利息においては借入元金に充てられると考え借金の元金それそのものを減らすことも可能です。ですので、ヤミ金業者といった高額な年利のところに対し長期間返しているケースだと期待以上の金利分を免除できるような場合もありますし、十数年返してきた場合だと借金そのものが消化されてしまうこともあります。借金の整理の有利な点についてですが破産手続きと違ってある部分のみの負債だけを整理していくことが可能なため他の連帯保証人が関係している借入金を除き手続きをしていく際や住宅ローンの分を除き処理していく際なども用いることが可能になりますし資産を放棄してしまう義務はないので有価証券自分名義の資産を所有しているものの手放してしまいたくない場合などでも活用可能な借金整理の手続きといえます。

ただし、今後の返済額と現実として可能な可処分所得をかんがみて、おおむね返済の目処が立つ場合においては任意整理の手続きを進めることは可能ですが破産手続きと異なり負債自体がクリアーになるというわけではありませんので元金の合計がだいぶある状況では、現実には任意整理による手続きを実行するのは容易ではないということになるでしょう。