任意整理という言葉は債務の整理というふうに呼ばれていて、おのおのの貸方に借金の支

任意整理という言葉は債務の整理というふうに呼ばれていて、おのおのの貸方に借金の支払いを継続していくことを前もって決めた借金を整理していく形です。

その流れですが、司法書士もしくは弁護士の資格を持つもの債権を持つものと債務者との間に立って話し合い、利息制限法に照らして利息の再適用を行って借り入れた元金に対する借入利息を削ったことにより3年程度の時間をめどに返済していく借金整理手順です。

任意整理には各種裁判所等の機関が処理しないためにこれ以外の処理と比較した場合選択した場合のデメリットとなる点があまりなく、手続きが債務者にそんなに負担にならないのでメインとして比較していただきたい手順となります。

くわえて、債権を有する者がサラ金業者のように大変高額なだった場合は、利息制限法で決められている金利など以上に渡した借入金利に関しては借金の元金に適用すると考えて元金そのものをカットすることもできます。

ですので、サラリーマン金融といったような高額な利息を取る業者へある程度長い期間返済してきたケースだと予想以上の金額を減額できるような場合もありますし15,6年とか返済してきたケースだと借金そのものが消滅してしまうようなこともあります。

債務の整理の利点ですが、自己破産とは違い一部の借金のみを処理することになるので他に保証人がいる負債額以外について手続きをする時や自動車ローンを除いて処理する際等も使うことが可能になりますし、全ての財産を手放す義務がないため自動車や戸建て住宅などの資産を所有しているものの手放してしまいたくない状況であっても選択肢になる借金整理の手順といえるでしょう。

手順を踏んだ後返済していく額と収入額を比較検討し適度に返済が見通せるようである場合は任意整理の手続きを進めていくことは可能ですが破産宣告とは違って負債自体が消えるということではないため負債の額が大きい場合には、実際的には任意による整理の手続きを踏むのは難しいということがいえるでしょう。