ローンのお金が返していけなくに突然給与が取上げられて目の前が真っ暗になりました!

私は現在札幌市で人材派遣に登録する形で交代制で働いているのですが、手取りは思ったほどもらえる訳ではありませんでした。派遣社員なのでボーナスもない状況で、病気で障害を持っている身内の世話をしてしていて、月々の費用は普通の家庭と比べればかかってです。今の給料よりももっと稼ぐことができる工場を調べてはいますが、このままの給料ままではとうてい足りず悩んでいたこともあり、少しずつサラ金の借りいれ額も増えていました。

借入れ金の返済がとうとう数ヶ月という期間滞ってしまった時、なんと、契約している派遣会社から給料が差し押さえられてしまったと携帯へ連絡がきたのです。担当者の話聞くと、キャッシング会社が差押さえが行ったために、自分の今月分の給与を振り込むことはできないので、寄託されるをなりますと説明を受けました。お給料が受け取れなくなるという失望感も大きいますが、増えてしまった借金が返せずにいるいまの状況を派遣会社の人にばれてしまったのもあまりにもショックで逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。

見るに見かねた派遣会社の営業マンがこういう事ならと勧めてくれたのが、借金問題専門の弁護士にこの状況を相談しに行くようすすめてされたのです。僕もブログなどで幾つか調べた見た問い合わせをしたのですが、専門機関で紹介してされた弁護士の先生は債務整理を専門対応とする事務所でした。紹介してくれた弁護士にこれらの件を相談してみたところ、債務整理の手続きをという提案を受けました。現在ある資産状況から破産することを裁判所の方で申請してから、同時破産廃止を行うことで、差押さえがすべて停止され、負債についての苦痛からも解放されて、生活のやり直しを図ることができるとのこと。私の職業は自己破産が決まる間のある職業ではなかったのと、契約している人材派遣会社には給料が差し押さえに遭ったと連絡を受けた段階で既に借金が返せないに悩んでいると知っていたので、私は自己破産についての手続きをお願いしました。ギャンブルなどでお金を使い果たすことを繰り返しているという訳ではなく生活費で出来た借金だったので、思いのほか早く認められました。200日近く破産申請に時間がかかる人もいるとのことと伺ったのですが、弁護士の方のお力のおかげ、約2ヶ月半ほどで申請の決定がくだったのでした。

毎月の返済義務がなくなって、今まで通りの生活や賃金の方はそのままキープ出来ますので、前向きな気持ちで頑張れることが出来て何よりです。むこう5年の間は、キャッシングローンを借りることは出来ないのですが、その分、クレジットカードで返せなくなるということは0になりました。一人で悩みを抱えず早く自己破産の相談を法律事務所に言えばよかったと思い反省しました。